Ball Python Candy & Toffy

SOFTTOUCH REPTILES

2017今期もいろいろと生まれてきておりますが

とりあえず 2016年以前の個体を紹介したいと思います

まずは ’16 Enchi Candyno

'16 enchi candyno

’16 enchi candyno

昨年は2匹得ることができました

'16 enchi candyno

’16 enchi candyno

エンチのサイドは ややキャリコっぽくかすれたように

白が上がってきますが キャンディーノになると

オレンジ色に表現されるのでとても美しいです

'16 enchi candyno

’16 enchi candyno

キャンディとトフィはライン違いで同じであり

対立形質遺伝とアルビノとの互換性があります

ーノは共にアルビノと掛け合わせた時にピュアではなく

コンボ名になってしまいますが。。。

掛け合わせた時 ーノとアルビノとノーマルが生まれてきます

もっとも悩ましいのがノーマルがダブルヘテロなのか?

どちらかのシングルヘテロなのか?と言うことですが

自分は何の迷いもなくダブルヘテロと思っていました

よってキャンディとトフィはヘテロアルビノを持ち

アルビノはキャンディもしくはトフィのヘテロとなると言うことです

そしてアルビノと掛けているので100%でなく最後にーノとなるような

そして今期ダブルヘテロなるノーマルとトフィーノから

トフィーノを得ることができました

したがってノーマルはダブルヘテロと考えるのが正しいことが証明されました

そもそもキャンディとトフィのルーツにアルビノが依存してるのではないか?

と考えるのは自分だけでしょうか?

さらにアメリカ人がキャンディーノをキャンディとして騙していたら?

騙すって言い方は失礼なので解っていなかったら。。。

ルーツを探るのは とても困難であります

それよりもーノでも ピュアなキャンディとトフィを超える

濃さの個体も生まれています

それにキャンディとキャンディの掛け合わせからも薄いのと濃いの

と 言うより濃い方は全く違うモルフのように見えます

したがって日本人の悪い癖 自分に自信が無いのか

ブランド名や 価格を基準にしてしまいがちです

嘘や秘密がたくさんありますからね 自分で得た知識こそ真実です

そんなの どーでもいいじゃ無いですか

自分が好きな色はコレなんだ 濃いより薄い方が好きなんだ

で 良いと思います趣味の世界なんだし綺麗は綺麗でしょ?

こちらはコンビネーションになりますが

2015と20162期連続で生まれておりますSpider Candyno

'16 Spider Candyno

’16 Spider Candyno

'16 Spider Candyno

’16 Spider Candyno

'16 Spider Candyno

’16 Spider Candyno

そしてCandy x Candy から生まれた濃い方がこれです

'16 Candy

’16 Candy

洋書で観たアレな感じです以前はこちらをトフィ

薄い方をキャンディと言ってましたがね

ぜんぜん繁殖してみたら同腹の個体差ってことが解りました

'16 Candy

’16 Candy

キャラメルやウルトラメルのような色にも見えますね

'16 Candy

’16 Candy

こちらがピュア Candy 薄い方

はっきり言っときますキャンディーノと変わりません

さらにラベンダーと並べてもどっちがどっちか解らなくなります(笑)

Candy

そして今期5匹トフィーノが誕生しております

写真では どっからどーみてもアルビノですが

現在は紫も上がってアルビノとの区別も解るようになってます

餌を食い出したら販売しますので宜しくお願いします

’17 Toffyno

’17 Toffyno

Toffyno

Toffyno

Comments are closed.